FC2ブログ
本気で施術 本気で治す! 接骨 整骨 鍼灸 マッサージ トレーナー リハビリテーション テーピング 交通事故治療 むちうち治療 交通事故患者様救済 おおぎ堂のスタッフが日々の治療の中で気づいた事や発見したことを日記としてつづります。しかしながら、脱線、脱線、また脱線!!あしからず!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
令和2年8月
2020年08月02日 (日) | 編集 |
リハビリ室よりこんにちは!やっと落ち着いてきたと思ったコロナ騒動も、第2波の様相を呈してきましたね。今年に入ってずーっと最低限の人数で診療を継続し、フラフラの日々を過ごして、ようやく温泉旅行にでも行こうかな?と予約した矢先にこの事態。うんざりしますね。
さらに先週は東京都からの越境自粛の要請。よって無い知恵を絞って導き出した唯一の休みの過ごし方は、山に積まれたカルテの残務整理に、車の洗車、はたまたおおぎ堂と我が家のテーブルと棚づくりに自家製ジャガイモを使った夏カレー作り。最後は密をさけてあえて人がいないのでは?と予想を立てて出かけた都心サイクリング!朝7時に自宅を出て、芝浦に車で着いたのが8時。渋滞なしでスイスイの首都高を降りて、駐車場に着いたら即、2人分の自転車をおろし、わんこ2頭をリュックにつめて、いざ東京タワーへ。着いてみたらやはり予想通りのガラガラで、がっつりと東京タワー見物。それからそれから、都心の静寂を映しに来たテレビ朝日の取材を受けることに!「なぜ都心に?」「このすいている都心を狙って来ました!(^^)!「他県に行かない理由は?」「私は患者様のいる仕事ですので、絶対感染できないんです」などと、当たり障りのない回答に終始した帰り道、「昨年まではふるさと納税してください!と頼んでいた地方自治体もいざ、東京の感染が増えると、ごみ扱い。せめて、収束したらイノイチバンにうちへ来てくださいというエールを送る地方自治体はないものか!!」と言ってやるべきだったと後悔だらだら。意外と急にインタビュー受けるとパッと答えれないものですね。                          (院長)
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック