FC2ブログ
本気で施術 本気で治す! 接骨 整骨 鍼灸 マッサージ トレーナー リハビリテーション テーピング 交通事故治療 むちうち治療 交通事故患者様救済 おおぎ堂のスタッフが日々の治療の中で気づいた事や発見したことを日記としてつづります。しかしながら、脱線、脱線、また脱線!!あしからず!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
無保険者と使用者責任
2017年08月19日 (土) | 編集 |
例えば、通勤中の相手方車両に轢かれ、相手方が全く誠意を見せない場合がありますが、
この場合、相手方が勤務する会社の管理責任下ということであれば、その責任を問うことも
可能です。その加害運転手を使用していた会社が無理な勤務形態を強いていなかったか、
適正検査などの従業員を使用するに当たり社会的に妥当な義務を履行しているかという
使用者責任問題がおきます。
最近、バスやタクシーとの接触事故が増加しています。
理由として過重労働、熟練運転手の不足、等が考えられます。
一方で企業でも昨今の経済的事由から保険料を節約するために対物保険(相手の車や物の
賠償に対する保障)を付けなかったり、付けたとしても免責(社員の自己負担)を10~50万前後
にする制度を採るところも増えつつあります。保険に入っていなければ自己負担ということに
なりますから、過失割合についても理に適わない主張をしてくるという理論になります。

したがって、これらの業者との事故には示談も難航することも視野に入れなくてはなりません
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック