FC2ブログ
本気で施術 本気で治す! 接骨 整骨 鍼灸 マッサージ トレーナー リハビリテーション テーピング 交通事故治療 むちうち治療 交通事故患者様救済 おおぎ堂のスタッフが日々の治療の中で気づいた事や発見したことを日記としてつづります。しかしながら、脱線、脱線、また脱線!!あしからず!
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
平成31年2月
2019年02月06日 (水) | 編集 |
リハビリ室よりこんにちは毎年のことではありますが、あっという間の1月でした。早くも2月へ突入。一年のうちの1/12がもう過ぎてしまったんですね。
 さて、先月は全豪オープンの女子テニスで、大坂なおみ選手が見事優勝し、アジア人初の世界ランク1位を獲得しました。彼女は皆さんご存知の通り日本人と外国人とのハーフ選手です。思い出せば、大学時代の体育心理学の授業での一コマ。教授の「我が国日本がスポーツ界で世界に通用していたのは一昔前。この先はほぼ勝てなくなるだろう。それを打破する秘策を答えよ!」心理の教授ですから当然「メンタルを強く」とか「モチベーションの維持方法」という回答を期待していたのでしょうが、回答が回ってきた私の開口一番は「優秀な外国人と日本人が結婚し、より優秀な選手を作る!!」階段教室の中はドッと笑いの渦に包まれたのを思い出します。
 グローバルな時代。グローバルな考え方。大きな地球のなかのグローバル人。変なわけ隔てのない世の中に時代はどんどん進みます。事実、今活躍するスポーツ選手、経済人から学者、芸能人にいたるまで、帰化された方やハーフ、クオーターの方の多いこと。政治、経済、スポーツとすべてにおいてグローバリゼイション(グローバル化)の波が進んでいくのは当然のことですね。受け入れられない方たちは取り残される時代です。 (院長)


スポンサーサイト