FC2ブログ
本気で施術 本気で治す! 接骨 整骨 鍼灸 マッサージ トレーナー リハビリテーション テーピング 交通事故治療 むちうち治療 交通事故患者様救済 おおぎ堂のスタッフが日々の治療の中で気づいた事や発見したことを日記としてつづります。しかしながら、脱線、脱線、また脱線!!あしからず!
仮渡金請求
2017年08月01日 (火) | 編集 |
自賠責では「仮渡金請求」「内払い金請求」という請求の方法があります。

まず、「仮渡金請求」は、賠償金の支払を受ける前に当座の費用が必要な被害者がまとまった
お金を受け取ることができ、被害者のみが請求できます。医師に入院や治療の見込みの日数がわかる診断書を書いてもらい、それを自賠責の請求とともに提出すると1週間~10日程度で支払われます。ただし、「仮渡金」が請求できるのは1回のみです。

「仮渡金」は被害の程度によって次のように定められています。

● 死亡の場合:290万円
● 入院14日以上かつ治療30日以上を要する場合:40万円
● 大腿骨・下腿骨の骨折:40万円 
● 上腕または前腕の骨折:20万円
● 治療11日以上を要する場合:5万円

・・・・これらは仮に渡されるものですから賠償額が最終的に決定した額より多かった場合は
返還しなければなりません。

スポンサーサイト