FC2ブログ
本気で施術 本気で治す! 接骨 整骨 鍼灸 マッサージ トレーナー リハビリテーション テーピング 交通事故治療 むちうち治療 交通事故患者様救済 おおぎ堂のスタッフが日々の治療の中で気づいた事や発見したことを日記としてつづります。しかしながら、脱線、脱線、また脱線!!あしからず!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
自賠責の活用
2017年05月22日 (月) | 編集 |
「相手が保険に入ってなかった」「任意保険を使いたくない」「ひき逃げされた」
そのようなときに「最低限の補償」が受けられるようにと国が運営する対人補償制度。
これが「強制保険」といわれている自賠責(自動車賠償責任保険)です。
対人=つまり人のための補償ですので車両の修理代等は対象になりません。
自賠責保険は公道を走る自動車やバイクに加入が義務付けられています。
根拠法は自賠法です。これに対し任意保険は民法です。

スポンサーサイト




民事上の責任
2017年05月03日 (水) | 編集 |
民事上の責任とは、
民法や自動車損害賠償保障法(自賠責法)に基づき追求される責任で被害者に対する賠償責任を指します。国家が与える行政罰や刑罰とは異なり独立して問われる責任ですので、刑事責任或いは行政上の責任を果たしたからと言って免責されるものではありません。
ただ、示談が出来ていなければ本裁判になるところ、民事上の示談が成立していることで執行猶予や略式罰金で済まされるケースがある等、全く影響しないとは言えません。
このため、加害者から示談を急がされるケースもあるようですが、示談は原則やり直しがききませんので、慎重に対処することが必要です。

具体的に、民法709条は「故意または過失によりて他人の権利を侵害したる者は、これによりて
生じたる損害を賠償する責めに任ずる」と規定していますが、人身事故、物損事故ともにこの法的根拠によって被害者に賠償する義務が発生します。また、自賠法では第3条に「自己の為に自動車の運行の用に供する者は、その運行によって生じた損害を賠償する責めに任ずる」と規定しています。これを運行供用者責任といい、この責任を免除されるには、Ⅰ自己および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと。 Ⅱ被害者または運転者以外の第三者に故意または
過失があったこと。 Ⅲ自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかったことを証明したとき。


平成29年5月
2017年05月01日 (月) | 編集 |
リハビリ室よりこんにちは皆さん!待望のゴールデンウイーク!いかがお過ごしでしょうか!
現在の日時は5月1日(月)夜の12時をまわったところです。私はといいますとご存知の通り土曜日の診療後、レセプトを済ませて翌4月30日(日)の朝、6時の電車に乗って山中湖へと出かけ、富士山を眺めながらおおぎ堂を目指してランニングを開始しました。先月に続き、先週も大宮→おおぎ堂間のナイトラン70キロを終えて、毎日約10キロのランと2日に一度の筋力トレーニングをこなし疲労が残っている中での山中湖76キロランです。
 今回の目標は山中湖からおおぎ堂までの山あり谷ありのアップダウンを100キロウルトラレースに合わせた、波の無いペースで走り切ることです。スタートの山中湖外周はキロ4分50秒で約17キロ、登りに入った山伏峠までキロ6分30秒、峠のてっぺんら下りキロ4分30秒、道志の町役場からキロ5分20秒のレースペースでの設定でした。
 途中の気温の上昇、後半の津久井三ケ木を過ぎてからの小さなアップダウンに足がついていかず、やや失速はしましたが、無事到着することができました。
 あとは40キロ走、35キロ走、20キロの刺激走を毎日の10キロ走、15キロ走、筋トレではさみながら調整していきます。「先生!いつ寝てるの?」という質問。よく聞きますよね。ちゃんと寝てますよ!夜に!ただ、トレーニングも夜12時をまわりますけどね(笑)!!(院長)