FC2ブログ
本気で施術 本気で治す! 接骨 整骨 鍼灸 マッサージ トレーナー リハビリテーション テーピング 交通事故治療 むちうち治療 交通事故患者様救済 おおぎ堂のスタッフが日々の治療の中で気づいた事や発見したことを日記としてつづります。しかしながら、脱線、脱線、また脱線!!あしからず!
平成24年9月
2012年09月03日 (月) | 編集 |
リハビリ室よりこんにちは もう9月だというのに、暑い日が続きますね!ここからは残暑が疲れた身体をじわじわとむしばむ季節。皆さん体調管理には十分気を付けましょう。
 先日の話ですが、私の姉が入院したと急にメールが入りました。小さい頃から、年が離れていたこともあり、弟というより、子供の用にかわいがってくれていたことをよく思い出します。両親が地域の会合に出席中に、ぐずる私をなだめるために、近くの階段まで小さな体で大きな体の弟(私です)をおぶっていって、挙句の果てに暴れる私が階段から落ちるのをかばって、自分が大きなたんこぶを作る。昔から自分より人のために頑張る性格でした。その性格もあって、ここの所忙しさと暑さで、体調を崩したのでしょう。いままで、元気に突っ走ってきただけに、どんなにがっかりしているのかと、電話をしてみると「大丈夫!大丈夫!いたってうちは(私はという方言)元気よ~♪」といういつもの元気な高くて弾むような声に拍子抜けしました。心配かけまいという気持ちもあるのでしょうが、この人のパワーにはいつも驚かされます。少しゆっくりと仕事も辞めて・・とみんなには言われているようですが、性格でしょうね!おそらくもう少ししたら動き出すような気がします。健康って、やっぱり病気があるなしじゃなくてその人が元気で楽しく誰かのためにという気持ちをもって前向きに生きるってことなんでしょうね!!さすが、うちの姉は私の推奨する生き方を実践する「おおぎ堂的健康人」でした。私の実践するおおぎ堂的健康人!皆さんも楽しく実践してみてはいかがですか?                         院長

スポンサーサイト